畜産事業

子宮注入剤・外用剤

動物用イソジン®液10%(PVP-I 10%含有)

動物用医薬品

製剤写真

動物用イソジン®液(PVP-I 10%含有

  • 拡大写真
  • 包材写真
添付文書:
pdf(715kb)

製剤写真

動物用イソジン®液(PVP-I 10%含有)

  • 拡大写真
  • 包材写真
添付文書:
pdf(715kb)

製剤詳細

特 長
1.本剤は、刺激作用が少なく、子宮粘膜組織に対して重篤な損傷障害を与えることがありません。
2.本剤の主成分であるポビドンヨードは細菌、かび、酵母、スピロヘータ、ウイルス、原虫などに低濃度でも強力な殺菌作用を示し、耐性菌を作りません。
3.本剤は、潜在性および顕在性の子宮粘膜炎症組織に対し、自律浄化作用を促進し患部の治癒修復力を高めますので回復が早く、牛・豚の卵巣機能を改善します。
4.本剤は、液剤ですから、子宮内注入操作は容易であり、また皮膚消毒薬としてもすぐれた効果を有します。
成 分
分 量
本本剤は1mL中に日局ポビドンヨード100r(有効ヨウ素10r)を含有します。
効 能
効 果
1.畜産領域
乳頭の消毒
2.家畜診療領域
(1)細菌、糸状菌による皮膚感染症、外傷、手術部位の消毒
(2)牛:カタル性・化膿性子宮内膜炎、鈍性発情
  豚:カタル性・化膿性子宮内膜炎
用 法
用 量
1.畜産領域
乳頭:搾乳後、ポビドンヨードとして2 %(有効ヨウ素濃度0.2%)となる水溶液を適量乳頭に塗布又は噴霧する。
2.家畜診療領域
(1)皮膚患部、手術部位:ポビドンヨードとして2 %(有効ヨウ素濃度0.2%)となる水溶液を適量患部又は手術部位に塗布又は噴霧する。
(2)1回1頭当たりポビドンヨードとして2 %(有効ヨウ素濃度0.2%)となる水溶液50mLを牛又は豚の子宮内に注入する。
包 装
動物用イソジン液10% 2L・5L入
会社案内
ごあいさつ・理念
CSR活動
会社沿革
事業内容
会社概要
事業所
子会社
お問い合わせ
リクルート


SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?

※このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

このページのトップへ