畜産事業

マクロライド系抗生物質飼料添加剤

チルミシン®散2%

動物用医薬品・使用基準・指定医薬品・要指示

製剤写真

チルミシン®散2%

  • 拡大写真
  • 包材写真
色:
白色〜淡黄白色
外形:
散剤
添付文書:
pdf(599kb)

製剤詳細

  • チルミコシンリン酸塩を含有する散剤
特 長
1)改善された飛散性
飼料に混合する際の飛散が少なく、調整し易くなりました。
2)優れた組織移行性
優れた組織移行性と様々な作用機序によって、豚の肺炎に優れた効果を示します。
3)高い濃度を維持
肺組織中の濃度は投与後徐々に上昇し、2〜4日目にプラトーに達し、以後高濃度を維持します。
組 成
1Kg中に、チルミコシンリン酸塩を20g(力価)含有
効 能
効 果
[有効菌種]
アクチノバシルス・プルロニューモニエ、マイコプラズマ・ハイオニューモニエ、パスツレラ・マルトシーダ
[適応症]
豚:肺炎
包 装
20kg(ポリエチレン内装クラフト袋)
会社案内
ごあいさつ・理念
CSR活動
会社沿革
事業内容
会社概要
事業所
子会社
お問い合わせ
リクルート


SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?

※このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

このページのトップへ